必要なものを揃えておこう

用意を済ませてから始めよう

最低でも必要な資金とは

果たしてどのくらいのお金があれば、無事に物件を購入できるのでしょうか。
最低でも、300万円があれば物件を手に入れられると言われています。
それ以上の価格がついている物件が欲しいと思っても、金融機関に相談すればお金を貸してくれます。
金融機関は、誰にでもお金を貸しているわけではありません。
返済できる見込みのある人にだけ、お金を貸しています。

資金が少ない人だと、返済できないと判断されるのでお金を借りることができなくなります。
足りない分は、金融機関から借りれば良いと油断しないでください。
300万円は自分で揃えて、不動産投資に活かせる物件を探しましょう。
安くても、立地条件が良い物件なら入居者を順調に増やせます。

資金を援助してもらおう

金融機関に相談すれば、お金を貸してもらえます。
不動産投資をしたくても、これまでの貯金だけでは準備を整えることができないかもしれません。
いろんな金融機関があって、それぞれによって申し込んでからお金を受け取るまでのスピードや、借りられる最高金額、利子の大きさがことなります。
自分の都合に合う金融機関に相談しましょう。

不動産投資を初めて始める人は、高額な資金を借りにくいです。
返済できる見込みがないので、融資を断られる可能性があります。
本当に足りない分だけ、金融機関から借りてください。
また、返済の計画を書いた書類を提出します。
具体的に毎月どのくらいのお金を返していつ返済が終わるのか記入すれば、納得してくれるかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る