必要なものを揃えておこう

どんな時に書類が必要なのか

お金を借りる時に必要な書類

資金が足りない人は、そのままの状態で不動産投資を開始することはしないでください。
必ず、資金を十分に用意してから始めましょう。
金融機関からお金を借りる時は、書類の準備が必要です。
身分証明書や、自分の年収が記載された書類を揃えましょう。
また、計画書を提出することもあります。
記入漏れがあると受理されないので、全部書き込んでいるか念入りにチェックしてください。

住民票や印鑑登録証明書なども必要で、それらは役所に行かないともらえません。
お金がかかるので、忘れずにお金を用意して役所に行ってください。
仕事帰りに役所に行こうと思っても、遅くなると開いていない可能性があります。
昼間のうちに、書類をもらいに行きましょう。

物件を購入するために準備する

お金を借りる時に比べて、物件を購入する際に必要な書類の種類は少ないです。
きちんと調べていれば、用意し忘れることは無いでしょう。
住民票や印鑑登録証明書が必要になる部分は、お金を借りる時と同じです。
物件を購入する際はさらに、買付証明書という書類が必要になります。
インターネットから書類をダウンロードできるので、早めに入手して記入を済ませておきましょう。

それらがあれば、スムーズに契約を勧めることができます。
不動産会社に相談しながら物件を探していた人は、契約に関して質問できます。
初めて物件を購入する人は契約方法も、まだよく分かっていないと思います。
分からないまま契約すると、間違えるかもしれないので素直に聞きましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る