ワンちゃんの健康を守る犬用の手作りご飯のつくりかた

犬とファミリー
このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しないペットのしつけ

 犬と男性

犬にトイレをしつける

犬は自分のテリトリーにおしっこでにおいを付ける習性があります。しかしこの行動は、ある程度大きくなってからする行動で、生まれたての小さな子犬の場合、本能でおしっこをしてしまいます。一度、おしっこをした場所ににおいがつくと、そこですることを覚え、癖になってしまうでしょう。おしっこを室内でさせる場合、小さなときに犬のしつけをしておかなくてはいけません。トイレの場所を決める前に一度おしっこをした場所周辺にペットシーツを広範囲に敷きます。その後、少しずつシーツの範囲を狭くし、最終的に一か所に絞ります。一か所のシーツを少しずつずらし、トイレの場所を決めていきます。おしっこを適切な場所でした場合、ご褒美を与えて褒めると効果的です。

無駄吠え

犬のしつけに苦労する人は、犬を自由にさせ、甘えさせているケースが多いです。犬は元々群れで生活するため、自分のポジションを決めます。飼い主であっても自分より下である場合もあれば、服従する場合もあり、飼い主の接し方でポジションを決めます。群れの中では強いものには服従し、弱いものへの態度は強く出ます。家族で暮らす場合、服従するも、1番、2番と順位を決めて服従します。犬のしつけをする場合、人間が上、犬が下という序列を理解させることが必要です。散歩の時にリードを長くし、興味本位で散歩をさせるなどはいけません。犬のしつけは常に主従関係をはっきりさせるため、人間に合わせるよう、リードは必ず短く持ちます。犬に縦社会であることを理解させれば、どのようなことでも早く覚えます。いつでもご褒美ではなく、厳しくしつけて時にはご褒美を与えることが良いです。